看護師との出会い、婚活や結婚をしたい男性のための応援ナビサイト

FrontPage

看護師の仕事と生活

看護師さんといえば、今も昔も変わらぬイメージは「白衣の天使!」

優しくて、気が利いて、マメで…と、
男性の「お嫁さんにしたい職業」では常にトップクラスを外れません!

病院での仕事の現実

でもこれ、本当でしょうか?

そんなキャピキャピしたイメージで
「お嫁さんに向いている」と言えるのでしょうか?

ホンワカしただけの職業ではないことは、
病院の目の回るような忙しさや、
人の命を抱える緊張感からも、想像できます。

実際、彼女たちの生活はかなりツラいもの。

入院設備のある病院なら、夜勤も含めたシフト制が普通。

たとえば17時までの日勤でも、
引き継ぎミーティングや実習生のレポートチェック、
さらに論文執筆などが入ってくると、終業時間を大幅にオーバー。

へとへとです。

診療所勤務だって、ラクじゃない・・・

診療所のような、夜は開けない医院でも、
逆に患者さんが終わるまで帰れず、常に残業の可能性が。

また、同僚も少ないので、休みがとっても取りづらいのです。

都心のクリニックなどでは、
午後の時間を休み、平日夜間17~20時で営業するところも多いため、
実働が短いのに、拘束時間が長いという悲しい勤務形態も。

プライベートでは、地味派とエンジョイ派の両極に!

プライベートでは、仕事の疲れをとるので精一杯。

ゆっくり家で休みたくて、「休日引きこもり」する人もいれば、
逆にウィンドウショッピングして買い物三昧したり、
積極的に交際を求める人は、毎週合コン、という人も。

わりと地味に生活しているタイプと、
いろいろチャレンジしてエンジョイしているタイプの、
両極に分かれるようです!

自分の知識や技術・思いやりで、人のいのちや身体に寄り添う崇高な仕事。

仕事で手を抜くことは許されません。

プライベートも、仕事を充実させるための一場面、と考えると、
彼女たちは24時間働いているとも言えます。

同じ「天使」でも、苦労知らずのお嬢さん天使ではなく、
地に足のついた堅実な菩薩様のような姿が浮かんできますね!

それでも彼女たちはやっぱり人間。

どんな悩みや不安を抱えているのでしょうか?


powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional